ミノキシジル 外用育毛剤 副作用

HOME > ミノキシジル 外用育毛剤 副作用

外用育毛剤ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジル 外用育毛剤 副作用

効果の強さで話題になっている外用育毛剤、ミノキシジルをご存じでしょうか? ミノキシジルは1980年代に開発され、世界初の認可を受けた脱毛症の治療薬です。 もともとは血管を拡張し、血圧を下げる薬として使われていた薬の一種だったのですが、副作用で多毛症になる人が多かったことをヒントに研究され、脱毛症に効果のある薬として改めて製薬されました。 現在では利用の多かったアメリカを始め、世界各国で育毛剤の配分とされている成分で、リキッドタイプや経口タイプ、タブレットタイプなども販売されています。 日本人向けに製薬されているタブレットも多くありますので、今までイマイチ育毛剤の効果を感じられなかったという方には、試してみる価値のある薬と言えます。

ミノキシジルの使用でかなりな確率で効果があり、その為、人気が高く、海外などのネット販売店も多くあるため、個人輸入で購入する事も可能です。 個人輸入であれば、育毛サロンなどで購入するよりはるかに安く購入できるので、海外通販に抵抗のない方は個人輸入の利用もオススメです。

効果は個人によって様々ですが、約3か月で十分に効果を得られたと実感する人が多いようです。 しかし経口タイプには、問題とされている事があり、それは服用するからこそ起きる副作用についてです。 口から摂取することで、毛根に確実にその成分が運ばれるのですが、これは髪の毛の毛根に限らず、前進の毛根に運ばれる事となります。 戦術したように、この薬は育毛剤になりますので、頭皮に限らず全身の毛が濃くなります。 どうしても効果を髪の毛だけに集中させたい場合は、リキッドタイプなどを利用し、服用は避けて下さい。 リキッドタイプでも効果が十分に効果がありますので、まずは3か月ほど根気よく使っていれば次第に効果を実感できるでしょう。

ミノキシジル

↑ PAGE TOP