ミノキシジルは生え際の発毛にも効果的

HOME > ミノキシジル 生え際

生え際の発毛にも効果のある、ミノキシジルについて

ミノキシジル 生え際

AGA(男性型脱毛症)治療薬である「ミノキシジル」は、もともとは1970年代後半に経口血圧降下剤として、アメリカで開発され使用されていました。 しかし、その副作用として、全身の多毛症を引き起こすということから、脱毛症に効く頭皮の外用薬として臨床試験が実施され、有効であることが立証されたという経緯があります。

AGAには、頭頂部からはげていくタイプと、生え際から後退していく、いわゆるM字ハゲと呼ばれるタイプの2種類が存在しています。 もちろん、頭頂部と生え際の両方からはげていく方もいらっしゃるのですが、一般的にM字ハゲには、医薬品の効果が発揮しにくく、発毛は難しいといわれています。 そのような中でミノキシジルは、直接毛母細胞に働きかけて、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の毛の成長を早めるという効果を発揮します。 頭頂部だけでなく、生え際の後退で悩んでいる方にも、しっかり効くAGA治療薬となります。

ミノキシジルは、直接頭皮に塗布する育毛剤だけではなく、タブレットでも販売されています。その効果のポイントは、血行促進です。 頭皮の血行を改善し、毛根に栄養がしっかりと行き渡る状態にすることによって、前述しましたように、毛母細胞の分裂を活性化させ、毛髪が再び活発に作られる状態にする仕組みとなります。

ミノキシジルに限らず、AGA治療を開始すると、最初のうちは抜け毛が増える「初期脱毛」という現象が起こります。 この初期脱毛には個人差が大きいのですが、AGA専門クリニックでは、「薬を飲み始めて1か月目は、抜け毛の量が増えたり、少し髪が薄くなることがある」という説明が、 初期脱毛についてなされるようです。 個人差は激しいのですが、後から髪は生えてきますので、心配は不要な脱毛症状となります。 初期脱毛は、休止期の毛がミノキシジルの効果で、急に成長期に入るために起こるものです。 つまり、初期脱毛とは、髪の毛の成長が始まった証拠というわけです。 髪の毛には、成長期・退行期・休止期というヘアサイクルがあり、初期脱毛で抜けるのは休止期の毛となりますので、心配はいりません。

ミノキシジル

↑ PAGE TOP